スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
あけました2008!
今年もどうぞよろしくお願いします。

色々と忘れないうちに
2007年怒濤のサダヲツアーを書きとめます!!!

まずは12月29日

座頭市 大阪楽日

いや~もう前回よりめちゃめちゃよかった。
三池組堪能しました!!!!!

名古屋が4日からありますので
ネタバレいい方は続きで
321664092_81.jpg


前回と今回では席が大幅に違うかったし、(3列目センター→20列目センター)
楽日は流石にも満席で観客の盛り上がりも全く違う。

少々、サダヲさんの声が風邪気味なのか、
長期公演で単に潰れてきたのか心配でしたが、
十二分に楽しめた。

20列目から見える舞台は
照明効果、音響等の演出がバッチリしっくりきて
役者の顔がしっかり見える3列目の席とはまた違った迫力で
三池版座頭市といったものに入り込んだキモチ。

前半の阿部さんはその場空気を掴み、
客の(熱)視線をいつもどおり独り占め。
いつも通り舞台での躍動感はハンパなかったし、
アドリブも含め、サダヲさんを三池監督色を+された
サダヲさんを堪能できました。
もうすこし琵琶聞きたかったな~、なんて。

そんな中、他の役者陣もさすがです。
三池組ではおなじみの遠藤憲一さん。
するどい目つきは流石です。

その遠藤さん演じる竜さんと市がおもいを寄せる朱太夫を
元タカラジェンヌの麻路さきさん。
お綺麗な方でした。宝塚。

そして大御所長門さん。
差別されてきた墓堀の男。
愛すべき悪人、存在感しかりすばらしい。

で、座頭市いうまでも無く、哀川翔さん。
目を閉じたままの芝居は本当に大変だろうと。
斬らざるを得ない市の内面を感じました。

全体を通して
三池版 舞台『座頭市』は思っていた以上に
おもしろく、すばらしい!!!


カーテンコールはそんなみなさんのキモチもあってか、
観客ももちろん総立ち。
光の中にでてくる兄貴はまさにこれぞ「哀川翔!!!!!」
スタンディングオベーションはより大きくなり、会場は感動の渦!

役者さん同志、固い握手を交わしハグもし
おまけに兄貴を胴上げ!
そして遠藤さんが三池監督を呼んで
客席から舞台にあがられ、また胴上げされてました。

その中サダヲちゃんはどんどん後ろに控えめパワー全開。
それまたとてもキュート。
最終的にはサダヲちゃん泣いてました。。もうこっちまで泣けるよ。
遠藤さんに無理矢理ひっぱりだされ客席にジャンプまで!
可愛すぎる~~。胸キュンすぎる。サダヲラブメーター破壊寸前!

ステキすぎる楽日でした。

スポンサーサイト



( 2008.01.02 ) ( 舞台 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。