スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
松尾スズキのキャバレー
今、いつも通りパソコンの前に居る私。
まるで夢を見ていたかのような一瞬の出来事だった。

松尾スズキのキャバレー ついさっきの夜の公演を観劇してきたのに。

ネタバレあるかも… 続きへ

幕が開いたら、そこはもうキットカットクラブ。

そこですかさずMC登場!
もう今回5列目センター!激チカ!と感動してるのも束の間、
今度は相変わらずの歌唱力に圧巻ですよ。ですよ。

華やかな踊り子たち、そして吉原ぶりに堪能する松雪さんの美貌。
そしてもちろん歌って踊りまくる最高のMC=阿部サダヲ
ステキなショーの始まりはじまり。

森山君は今回初めて拝見しましたが、後ろ姿がステキな人で
舞台で見る方が演技もステキでした。
紙ちゃんも村杉さんも。あ~ほんと束の間の夢。
客はいじるわ、コネタは満載、そらもうあっちこっち見る所多くって忙しかったですん。

秋山さんが最高に魅力的で、もともと舞台で見る度に
すごいな~って普通に感動してしまうお方ではありましたが、
おもしろっくって、でもやっぱりシリアスな部分もあったりと、
なんかもう言葉なんかいらないくらいバシっ!て感じです。

物語自体は残酷であったりするはずなのに、あれれ?きゃははははみたいな。
ミュージカルになっても古典を扱っても松尾的というか
そこがそれが単純に見たくてチケット買ってしまうというか。

でも、やっぱり見終わった今「夢か現実か。」昨日書いたクワイエットルームと似ていると感じる。
これが松尾さんかな。酷くて残酷で面白く明るく暗い。

明日もキャバレーへ。夢の世界へ。




スポンサーサイト



( 2007.11.04 ) ( 舞台 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。